棟梁の想いがつたわる家

2018.5.26/土

 

お引渡しの際に棟梁からメッセージを頂戴しました。 大工の腕を磨くために日々鍛錬されている進藤棟梁はお父様の大工としての 背中を見て育ちました。もし子供が大工の道を進むなら応援したい!といいます。 最近の家はそんな大工の技術をいかせるお家ではないとなげきながらも きりんホームの無添加な家との出会いは、自分の居場所でありやりがいだと 日々家づくりに没頭していらっしゃいます。 腕がある棟梁ほどきりんホームの家は達成感を感じると口々に言う棟梁たち。 宮大工の腕を廃らせない!日本の建築を担う方々がきりんホームには結集しています。 そんな棟梁たちの姿をぜひ見てやっていただきたいと思います。 昔から家には魂がこもるとも言いますがまずは棟梁を筆頭とする携わる職人さんの 気持ちが込められていくのです。 人は誰しも自分を成長させていきたいと思っています。そしてそれを人のために生かしたいと思っています。 そんな気持ちをつなぐ役割や場がなければそんな気持ちを知らずして終わってしまうのかもしれません。 口下手ではありますが棟梁からのメッセージはきっとお施主様に届くことでしょう。 そして住まえば住まうほど感じ続けていくのだと思います。

 

キャプチャ

 

完成されたお家にはお施主様の想いが感じられるステンドグラスや照明器具 アーチなど素晴らしさに感動するばかりでした。

DSC_9608 DSC_9769

こんな一つとないご自宅ではぐくまれる日々はきっとバラ色なのだろうなぁと

想いにふけるむらさきなのでしたぁ。

カテゴリー: 無添加住宅  

部長のお仕事

2018.5.24/木

照明器具のお打合せ完了しました。

お子様は三輪車に乗ったりおままごとをしたり楽しい成長の時間

そしてそのさなかママパパはじっくりお打合せなのでしたので

しっかりと照明器具をご夫婦の総意でご決定することができました。

DSC_0460

お打合せが終わられてからのシーンですが

つかさずねこの部長が ”ごろん” とご挨拶させていただきますが

「 今日も無事にお子様をお預かりしましたよ。」のメッセージです*^^*

 

 

 

そしてねこ部長はこんな巡回もいたします^^!

DSC_0451

 

見ている方も触れている方も今日も癒されるスタッフなのでした・・・

こんな癒しを求めている方は

もくもく村へ^^/

カテゴリー: お客様の家づくり, もくもく村  

お心はお顔にあらわれる

2018.5.20/日

 

上棟でのお客様のワンシーンです。

通りがかりの小学生からも「もくもく村だぁ!」と言ってもらいとてもなごむ場面でした^^!

 

お話を聞いていたものの実際こんなにも柱が多いことに驚きを隠せないU様ご夫婦は

幸せなできごとばかりが続き心からの笑顔があふれているのでていらっしゃるのでした。

 

幸せはそのお心から引き寄せられるのでしょうか

そんなことを感じさせるほどの奥様の気配りに感動するばかりでした。

 

IMG_7116

そしてなんと可愛い方なのだろうと女性ながらにキュンとしてしまいました。

 

私もそんな幸せを与えたい!

そして奥様から頂きたく

IMG_7129

幸せは止まらないのでした^^/

カテゴリー: お客様の家づくり  

屋上のある生活

2018.5.18/金

間もなく築1年になられるオーナー様のご自宅へお伺いさせていただきました^^

屋上のあるとても素敵で大きなご自宅に私自身も圧倒されながらも

快適にご生活されていらっしゃるご様子にとても幸せな気持ちでした。

DSC_0142

ご自宅の計画中はゆいちゃんはお腹の中でしたが

こんな素敵なお家に舞い降りてきてくれた天使です^^/

DSC_0111

二階リビングからつながる屋上はゆいちゃんの絶好の遊び場で

いつも「いきたい!いきたい!」と遊びに自ら上がり

DSC_0132

遠くにみえるモノレールにこうやって手をふっているのだそうです。

なんとも可愛い♡♡♡

DSC_0111

明日 5月19日はイギリス王室、ハリー王子と米女優のメーガン・マークルさんのウェディングですが

風格ただようT様城ともいうべきご自宅から

まるでお姫様が手をお振りになられているようです*^^*

 

このだれにも邪魔されない

人目が全く入らないこの景色は一線を画すもでした。

DSC_0109

こんな生活をしてみたい!誰もがうらやむお住まいなのでした・・・

カテゴリー: オーナー様, 無添加住宅  

正しい照明器具の選び方その①

2018.5.14/月

DSC_0218

広島県でご建築のTK様とお打合せでした。

2階に上がると「わぁおー」と感嘆の声があがりつつ

これから生活するイメージを少しづつ感じて頂いた場面です。

 

立体画面でご検討は頂いてはいたもののやはり実際のお家は想像以上なものです。

特に基礎工事のときはとても狭く感じてしまったお家がこんなにも空間を感じることに

とても驚くばかりなのです。

 

建築途中には、電気の配線、照明器具の位置などのお打合せとなりました。

梁などの構造木材がどのように空間にあらわれてくるのかなどを確認いただきつつ

お選びいただいた照明器具の大きさ、照度、バランスを確認します。

 

照明器具の選定に重要なことの一つに、「 陰と陽のバランス 」があります。

「 陰の照明 」とはダウンライト(埋め込み型)の照明のように間接照明のように主張がなく

すっきりとした照明のことを指します。

反対に「 陽の照明 」とはインテリア性のある趣味趣向を表すような照明です。

シャンデリアやペンダントなどを指します。

最近は、陰の照明であるダウンライトばかりを使うご自宅が多く見受けられますが

適度に陽の照明器具もおりまぜてお選びいただくことをおすすめしています。

 

家に重要なことは、住まう方の心地よさです。

全てにバランスがあるように照明にもバランスが重要です。

心地よさを得るための一つにこの照明器具のバランスがあることを念頭にいれて

考えてみてくださいね。

カテゴリー: お客様の家づくり  

プロがおすすめする本当に良い土地の選び方 『 基準のあやまり子供の学区編 』

2018.4.25/水

子育て世代の土地選びでお子様のことを考える方は当然多いことと思います。

まずは学校から遠くないことろ、できれば近くの方が安心だし

もちろん今就学しているお子様をお持ちの方は学区内に土地を探すことが第一義であると

考えている方が多いことと思います。

 

さぁあ、この考え方は本当に絶対なのか!?

 

1

木更津市真船にお決めになったK様 2018年3月

 

① 学校が近い方が良い?

近い・・・はどのくらいの距離をいうのでしょう?これは地域にもよるかもしれません。1キロ?2キロ?3キロ?

子供の足で歩くことを考えると1キロくらいを望まれるかもしれません。

ちなみに私は2キロを歩いていました。時代的に親が送り迎えをするケースも多くなっているようですが

私が良かったと感じていることは、足腰が強くなったことと足が速くなったことです。

ちなみにスタッフでも  キロの距離を通学していたものがいますが子供的には遠くて良かったと語っています。

何が?なんで?と聞くと「 」といいます。

帰り道は友達と楽しい時間がたくさんできたと思いますし道中で気持ちの整理をしていたりしました。

通勤もそうですが多少の距離と時間があるほうが切り替えが程よくできて良いですね。

 

CIMG5005

袖ケ浦市にお決めになられたN様当時の写真

 

② 学区内で土地を探す?

こちらはほぼ必須条件になって考えられることが多いはずです。

「子供さんが小学校に上がっている、または高学年なっているので仲の良い友人がすでにいるので

絶対に変えられない。子供の性格上やっとなじんだ学校をかえることは不可能」というお話は多々。

ただ、学区内で探すこと、つまりは子供さん中心で考えすぎることは本当に必須条件にすべき項目なのでしょうか?

私も子供をもつ親としてそのように考えることはごく自然なことだと思いますが、私は結論「そうではない。」と思っています。

もちろん自分たちが望む条件と学区が一致してればこの議論は意味がないことですが自分を犠牲にしてまで考えることではないと思っています。

自分は違うところを望んでいるのに子供が・・・

通勤は遠くなるけど子供が・・・

金額はあがって予算的にきついけど子供が・・・

こうならべてみると何か違和感を覚えます。もっと子供を信じてほしいと思うのです。

子供が学校になじめるのか不安・・・いじめにあったら・・・そんな心配をされているのではないですか?

同じ学校だったらどんな友達にもなじめるのでしょうか?いじめには合わないでしょうか?その確率が低いとか高いですか?

 

ある方の土地探しをおすすめしている時に深くこの点を掘り下げて考えていました。

このS様は築一年で住み替えをしたいとしたいときりんホームにご相談に見えた方です。

なぜ築一年で!?とても驚くことです。

S様は家づくりを失敗したのです。そのわけはまた機会があればお話ししたいと思います。

 

S奥様は前回(築一年の家)はお子様の学区をとても重要視して選んだとおっしゃいます。

でもその結末が築一年で売却なのです。

基準をあやまったといってもいいでしょう。

 

家族の和は、子供の笑顔!そのためには母親の笑顔です!

子供は母の投影であるとある心理カウンセラーは言っているそうですが

私も母として実体験して真実だとすぐに呑み込める話でした。

 

ぜひ自分基準で考えてみてください。それがひいてはお子様のためになるのです。

ずっと笑っていられる家族の中心は母親の笑顔からです。

ちなみに築一年でお建て替えのS様は袖ケ浦市にお住まいで千葉市に無添加漆喰の家に住まうことを決断されました。

S様の人生の劇的変化を見守っていきたいと思います!

カテゴリー: 無添加住宅  

お子様のご誕生!

2018.4.15/日

4年前に ご建築なさった無添加漆喰の家オーナー様に

第一子の女の子が誕生いたしました!

DSC_0024

ご結婚されて数年、待ちにまったお子様でしたのでもくもく村スタッフ一同 楽しみに楽しみにしておりました!

ご懐妊のお話は、みなで喜び数名は涙していました。

ご主人様はもう目に入れてもいたくないほどの かわいさは言うまでもないのですが

ますます可愛くなる女の子の成長はとても楽しみです!

3

一緒に行った息子は照れてなのか?すねてなのか?

あっちを向いていますが とても嬉しいごとなのでした!

カテゴリー: もくもく村, オーナー様, プライベート  タグ:, , , , , ,

春を堪能のどかなひととき

2018.3.29/木

東に足をのばそうと計画しローカルなジーゼル車の小湊鉄道に乗ってきました。 期間限定でトロッコ列車に乗れるそうなのですが残念ながら水曜日は運休でしたが みなさまおすすめです! http://www.kominato.co.jp/satoyamatorocco/   桜も菜の花も満開!鉄道ファンの方々の撮影隊がどの駅にも集結するほどの美しさで 異空間に飛び込んだ かのような体験になりますね。 子供がいると自分にはないこんな世界が繰り広げられる ことはとても幸せなひと時です。 DSC_0123 なんとものどかな景色を見ながら青空のもと土手でお弁当を食べ、つくしを取り、 知らない方に声をかけられるなんともプチプチ旅行気分でした。 たまたま選んだこの飯給駅は 「世界一広いトイレ」が設置されてる場所で せっかくなのでお寄りさせていただきました。 DSC_0081   貴重な体験ですね。で、でも!そ、そういえば! 開放的なトイレが身近にあるではないですか!!! 「世界一四季を堪能できるトイレ」が!!!            ↓  1 この貴重なご体験もおすすめスポットですね!

カテゴリー: プライベート  

一軒家を新築したのに【アパートよりも光熱費が安くなる秘密】 その1

2018.3.28/水

黒は光を吸収する

11

白は光を反射させる

10

漆喰はさらに光を拡散する効果がある

北側のお部屋には小窓を配置するケースが 多く光を取り込みにくい場所です。

こちらはウォークインクローゼットの幅役40センチ高さ70センチほどの細い窓ですが

照明器具がいらないほどのちょうど良い明るさになっています。

DSC_4303

 

船橋市T様のキッチン天井にある照明を例にあげると 昼間に照明器具がいらないことはもちろんのこと

夜に使用することになる照明も照明のメーカーさんが推奨する器具の半分に減じても明るかったとのコメントを頂いています。

コメントはこちら ↓

 

うわさのキッチン照明はこちらの天井の照明器具を指しておっしゃっています ↓

DSC_3564

 

 

また、お住まいになられて数年経過し夏冬とも経験された奥様のコメントです。

光熱費がアパートの大きさから一軒家の新築住宅へお住まいになられたのに

全く変わらないのだそうです。

信じがたい事実ですが無添加の漆喰の家をお建てになられて多くのお客様が

そのようにおっしゃっていることも事実です。

 

漆喰が省エネ効果、経済的効果をもたらすことは間違いなさそうですね。

カテゴリー: 無添加住宅  タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

経験者が語る【最短で最高の間取りづくりのコツ】とは

2018.3.22/木

IMG_4661

 

 

 

上棟の現地をながめながらしみじみと語られる奥様

 

「 プランを提示してもらって家に帰って検討するんですけどやっぱりこのプランがいいんだという

結果にいきつくんですよね。プランを変更してみるけれど結果、最初のプランにいきつく。

やっぱり一番最高なんだなぁと確信していく時間でした。

選択肢があるなかでも一番最高のプランを提示してもらっていたんだなと

結果わかったんですが当初はわからなくて・・・

詳細の打合せも含めて最高の答えを最初から提示してもらっていたんだなということが多かったです。

わたしは最短コースではなかったかもしれないけれど

自分自身納得のできるプランができたのでとてもすっきりしています。

それが最終的に納得できてわかったことが本当に良かったです。」

 

そんなプラン作りを経験されたI奥様は建ち上がる家を見ながら

そんな言葉があるれてこられるばかりでした。

 

0

 

プランづくりのコツはI様の言葉をおかりすれば

「 超プロにおまかせすること 」そしてそのプロが「その良さを伝えられる力のあること」

なのかもしれません。

 

そして設計者は住まう方をどこまで理解し具現化できる能力があるかを問われるように思うのです。

この喜びを刈り取るのは住まうお客様です。

 

よく親身になってくれるという言葉がありますが

それは当然で根拠に基づくプロの経験と知識をその方のためにおしみなく

注げる会社と人に出会えることを願っています。

 

カテゴリー: お客様の家づくり, オーナー様, 無添加住宅  
アーカイブ
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

千葉県で無添加住宅を建てるきりんホームのスタッフブログ きりんホームが教える優しい無添加住宅づくり

一覧を見る
その他のブログ
  • きりんホームの施工現場から
  • チームきりん スタッフブログ
電話でのお問い合わせ 0120-512-515
ご相談・お問い合わせ