【断熱材の話】千葉県茂原市 MR様邸 炭化コルク施工中

2017年4月13日

千葉県茂原市のMR様邸

床下の断熱に炭化コルクを施工しています。

B2

断熱材に求められる事・・・・

断熱性能はもちろんのこと

①その性能を いつまで維持できるのか、

②どんな状況でも 断熱能力が維持できるか

③住み心地が快適か

であると思います。

 

①に関しては劣化しない本物の材料が適切です・・・・石油由来の物は製作時が性能のピークです。

②に関しては万が一、水に塗れてしまっても性能が落ちない耐水性の物が適切です・・・・綿系や新聞紙系の断熱材は塗れると性能が一気に落ちます。

③に関しては、湿気、湿度は通過して、熱は閉じ込める物が良適切です・・・・人が通気が悪い服を着ると不快になるのと同じで、気密が高すぎると家も不快になります

 

この3つのポイントを同時に満足する断熱材として

炭化コルクをチョイスしています。

 

なかなか聞かない材料だと思いますが

選択肢の一つにしてみると、家づくりが楽しくなるかも!

 

B1

 


カテゴリー: 茂原市 MR様邸  

千葉県茂原市 UR様邸 漆喰の下塗りを施工してます。

2017年4月11日

千葉県茂原市 UR様邸

外部漆喰の下塗りに入りました。

今まで炭化コルクで焦げ茶色だった外観が

モルタル漆喰の灰色に変わり

雰囲気が一気に変わりました!

このモルタル漆喰が45分準耐火に効いてるんです。

どんな大火が押し寄せようとも~

UR様邸が防波堤となり周りの家を守ります!!

Bebop_Drone_2017-04-10T151705+0900_7BFE75

左官屋さんの作業が一番 見た目簡単なのに、実際にやってみると難しい物だと思います。

この道 40年の星野さん 施工中の真剣な眼差しが素敵ですね。

B4

棟梁の麻生さん

軒裏(天井の裏の部分)を貼っていますね!

全部が手作業なので手間と時間が掛かってしまいます・・・

でも魂を込めて頑張ってくれてます。ありがとうございます!

 

B3

 

 


カテゴリー: 未分類, 茂原市 UR様邸  

千葉県茂原市 MR様邸 防水シート施工中

2017年4月11日

千葉県茂原市MR様邸

外壁下地の杉板が出来上がったら

次は防水シートの施工です。

漆喰などの塗り壁の場合、防水シートは湿式用にアスファルトフェルトを使用します。

このアスファルトフェルト・・・重くて硬いんです!

一般に流通している透湿防水シート(タイベックなど)は軽い、柔らかいので

施工性は素晴らしいのですが・・・乾式専門のため漆喰の場合は使えません(泣)

棟梁達が苦労しながら貼ってくれています。

『大変だよ~っ』と言いながらも笑顔で頑張っている姿に癒されてしまう今日この頃でしたっ

B2B3

Bebop_Drone_2017-04-10T144040+0900_D0A581


カテゴリー: 茂原市 MR様邸  

千葉県茂原市 TK様邸 捨てコンクリート打設

2017年4月10日

千葉県茂原市のTK様邸

上棟式に向けて基礎を施工しています。

捨てコンクリートはスペーサを安定させたり、鉄筋のかぶり厚を均一にしたり、

建物の位置を正確に決めるために欠かせないものです。

注文住宅を建てるのであれば、こんなところも気にして家の成長をみるのも

家づくりを楽しむポイントかもしれません。

Bebop_Drone_2017-04-10T161221+0900_08C21DBebop_Drone_2017-04-10T161350+0900_08C21D

Bebop_Drone_2017-04-10T161151+0900_08C21D


カテゴリー: 大網白里市 TK様邸  

千葉県君津市 IS様邸 漆喰の下塗りが完了です!

2017年4月10日

大工さんが炭化コルクを貼り終えると

次は左官屋さんの出番です!

漆喰を塗り始めると近所の方や、周りの職人さん達も

良く見学に見えられます。珍しいですもんね!

塗り立ては濃いグレーですが、乾燥してくると灰色になっていきますよ~

乾燥がバッチリ終わったところで次は漆喰の上塗りです!楽しみですね

Bebop_Drone_2017-04-10T131846+0900_C56D71Bebop_Drone_2017-04-10T131827+0900_C56D71

{ "product_id": "0901", "uuid": "C56D710902707049470DC393F51DF3EB", "run_date": "2017-04-10T131751+0900", "filename": "Bebop_Drone_2017-04-10T131908+0900_C56D71.jpg", "media_date": "2017-04-10T131908+0900" }


カテゴリー: 君津市 IS様邸  

千葉県富津市 S様邸 基礎が完成しました!

2017年4月10日

先日 地鎮祭が無事終わったS様

基礎が完成しました!

風水理論に基づいて設計しているため

基礎も複雑なんです・・・・基礎屋さんも大変っ

元吉鳶さん 美しい基礎を ありがとうございます!

B1

{ "product_id": "0901", "uuid": "7724A91A60B1E33280851C8FE0A11025", "run_date": "2017-04-07T145350+0900", "filename": "Bebop_Drone_2017-04-07T145436+0900_7724A9.jpg", "media_date": "2017-04-07T145436+0900" }

{ "product_id": "0901", "uuid": "7724A91A60B1E33280851C8FE0A11025", "run_date": "2017-04-07T145350+0900", "filename": "Bebop_Drone_2017-04-07T145407+0900_7724A9.jpg", "media_date": "2017-04-07T145407+0900" }

 


カテゴリー: 未分類  

『風水理論で建てた漆喰の豪邸』 完成見学会開催(完全予約)4月22日~23日 千葉市若葉区小倉台

2017年4月6日

4月22日~23日 

千葉市若葉区小倉台 T様邸

ご好意により3組限定の完成見学会を開催させていただきます!

WEB先行告知!

一般広告が配布されると予約が埋まってしまう事が多いので

お早目の予約をオススメします!

 

予約は こちらまで⇒

お電話:0120-512-515

予約フォーム:http://www.kirinhome.co.jp/reservation/

B

B2B3B4B5


カテゴリー: 千葉市 T様邸  

【漆喰の外壁が特別な点】 千葉県木更津市 KZ様邸 足場が外れました!

2017年3月26日

BU1

大通側からパシャリっ

漆喰の白さが眩しいですね!

漆喰はガラスの様な結晶のおかげで光を80%も反射するんですって~

だから普通の白い壁とは光り方が違うんですね。

お施主様からはスポットライトが当たった様に光ってる

そのスペシャル感が たまらないっ!!

って言ってました・・・確かに!

 


カテゴリー: 木更津市 KZ様邸  

【住みやすさに関わるポイント!】 千葉県茂原市 UR様 スイッチの高さ確認

2017年3月26日

BU2

現地にてスイッチや照明の詳細な位置を確認&調整して頂きました。

図面だけでは実際のイメージって湧きにくいですもんね!

 

お施主様には お手数を掛けますが

こういった ひと手間が、住んでからの住みやすさに

大きく関わってくるポイントだと思います。

 

せっかく注文住宅を選ばれたのですから

ご家族にバッチリ合った お家にカスタマイズしちゃいましょう!


カテゴリー: 茂原市 UR様邸  

【上棟の時に見ておきたい5つの見どころ!】 千葉県茂原市 MR様邸 上棟しました!

2017年3月26日

BU1

M様 上棟 おめでとうございます!!

 

これは毎回 お施主様にも伝えている

上棟時5つの見どころ。

 

せっかく無垢材で注文住宅を建てるならば

これだけは目に焼き付けておいてください!

マンションや建売住宅では味わえない注文住宅の醍醐味!!

 

①まず基礎パッキンの御影石!

通常ではプラスチックの板で家を支えていますが

無添加住宅では天然御影石の基礎パッキンを使用しています。

石は何年たっても劣化しませんからネ

石

②芯がある檜の土台(一番下の木)

 最近は細い材を集めた集成材や薬剤を注入した土台が主流ですが

 やっぱり天然の防蟻素材の檜で芯があるものが一番だと

 宮大工さん達は口を揃えて言います。

 どんなに太い木でも一本しか取れない芯のある木

 現場に行ったら年輪を見てウットリして下さいネ~

ヒノキ

③芯がある杉の柱

 檜と同じく天然の防蟻材である杉の柱です。

 建ってしまうと見えなくなってしまうので

 材料が届いたら、しっかり年輪たちを目に焼き付けておいて下さいね。

 これも一本の杉の木から一本しか取れません!

 

④大きな無垢の梁(天井付近の横に渡っている木)

 リビングや大広間の天井を支えるのは

 非常に大きな無垢の松です。

 最近は集成材の梁が主流ですが

 いつまでも支え続けてくれるのは歴史が証明している

 無垢の梁が一番だと思います。

 この大きな梁が据え付けられる瞬間を見逃さないでくださいね!

 

⑤棟梁達(大工さん達)のチームワーク

 最近では工場で事前に作る住宅(プレハブ住宅)が増えた為

 上棟の現場では据え付けるだけの作業が主流になりました。

 しかし無垢材は一つ一つ違うために手作業も多く

 上棟も簡単には行きません。

 テレパシーでも使っているの!?と言う位に

 棟梁達が阿吽の呼吸で起ち上げる姿は感動モノ!

 見惚れてワクワクしちゃって下さい!!

 きっと棟梁達のファンになっちゃいますよ~

 

 以上が上棟の時に是非チェックして欲しいポイントでした!

 家づくりって楽しいポイントが盛りだくさんです。

 また紹介しますねっ

 


カテゴリー: 未分類  
カテゴリー
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
タグ