【断熱材の話】千葉県茂原市 MR様邸 炭化コルク施工中

2017年4月13日

千葉県茂原市のMR様邸

床下の断熱に炭化コルクを施工しています。

B2

断熱材に求められる事・・・・

断熱性能はもちろんのこと

①その性能を いつまで維持できるのか、

②どんな状況でも 断熱能力が維持できるか

③住み心地が快適か

であると思います。

 

①に関しては劣化しない本物の材料が適切です・・・・石油由来の物は製作時が性能のピークです。

②に関しては万が一、水に塗れてしまっても性能が落ちない耐水性の物が適切です・・・・綿系や新聞紙系の断熱材は塗れると性能が一気に落ちます。

③に関しては、湿気、湿度は通過して、熱は閉じ込める物が良適切です・・・・人が通気が悪い服を着ると不快になるのと同じで、気密が高すぎると家も不快になります

 

この3つのポイントを同時に満足する断熱材として

炭化コルクをチョイスしています。

 

なかなか聞かない材料だと思いますが

選択肢の一つにしてみると、家づくりが楽しくなるかも!

 

B1

 


カテゴリー: 茂原市 MR様邸  
カテゴリー
2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
タグ