千葉市稲毛区宮野木のKB様邸はガルバリウム屋根施工中

2021年4月22日

板金屋さんがガルバリウム屋根を施工してくれています。

横浜から千葉市まで来てくれています。(2時間弱かかるそうです・・・)

とある場所で
腕のよさに一目惚れし
それ以降、我が社の施工は全て
F板金さんにお願いしています。

 

今回も無理を言って

お願いしてしまいました😂


カテゴリー: 千葉市花見川区宮野木 KB様邸  タグ:

千葉県木更津市のAO様邸はカウンター取り付け

2021年4月22日

山根棟梁が
棚を施工しています。

見えなくなる部分ですが
手間をかけて下地をガッチリ入れてくれているので
非常に頑丈です!


カテゴリー: 木更津市 AO様邸  タグ:

千葉市稲毛区宮野木のKB様邸は断熱材下地施工中

2021年4月22日

炭化コルクを取り付けるための下地を施行中です。

1本1本手間をかけて
手作りで仕上げてきます。


カテゴリー: 千葉市花見川区宮野木 KB様邸  タグ:

千葉県木更津市のAO様邸は足場解体

2021年4月22日
カテゴリー: 未分類  タグ:

千葉県木更津市のKJ様邸は吹き抜け施行中、階段打ち合わせ

2021年4月22日

吹き抜け部分が仕上がってきました!

階段の打ち合わせをしています。

来週
階段材が届いたら階段にとりかかります


カテゴリー: 木更津市KJ様邸  タグ:

千葉県木更津市の様邸は造作洗面、棚板施工中

2021年4月22日

洗面台やウォークインクローゼットが仕上がってきました!


カテゴリー: 木更津市 KS様邸  タグ:

千葉県のぞみ野のSZ様邸はダブル断熱施工完了しました。

2021年4月22日

千葉県袖ヶ浦市のぞみ野で建築中のSZ様邸は、断熱性能を上げるため、外張り断熱に加え、内壁側にも断熱材を施工する「ダブル断熱」を採用されました。

内壁側には、白い綿の様なパーフェクトバリアという断熱材を採用していますが、湿気を吸わない高い透湿性能を誇るもので、炭化コルクに次ぐ無添加住宅のお薦め断熱材です。
2階リビングの写真ですが、白い断熱材が入ると明るく感じます。
因みに、施工前のリビングはこの様な感じです。
防水紙の黒みがあり、ちょっと重く感じますね。
最終的には、天井も壁も真っ白な漆喰を塗るので、とても明るくなります。
完成が楽しみです。

 

【ゴールデンウィークの見学イベントについて】

さて、来週末からはゴールデンウィークに入ります。
新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置の要請が出され、住宅総合展示場「もくもく村」でもイベントの開催内容を変更しています。

日頃の感謝を込めて、広く皆様にお越しいただき、楽しんでいただけるイベントを企画しておりましたが、
当該措置の要請内容を鑑み、ゴールデンウィークの見学会イベントには入場制限を設けざるを得なくなりました。

入場制限により、組数限定完全予約制としたため、ゴールデンウィークのご来場については「本気で幸せな家づくりを急がれている方」を優先させていただきたく存じます。

皆様におかれましては、大変恐縮ですがご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

ゴールデンウィークに家づくりの検討を進めたいと考えられている皆様、完全予約制のこの機会にじっくりとご見学ください。
是非ご予約をお待ちしております。

 

■もくもく村ご見学予約はこちらから

■千葉で建てる自然素材の家 きりんホーム
https://www.kirinhome.co.jp/


カテゴリー: 未分類, 袖ヶ浦市 SZ様邸  タグ:, , , , , , , , ,

千葉県木更津市のKU様邸は断熱材(炭化コルク)施工中

2021年4月19日

炭化コルクの施行が進んでいます。

細かい間取りのため
吉田棟梁が技術と手間を結集させ丁寧に施工してくれてます。


カテゴリー: 木更津市 KU様邸  タグ:

千葉県袖ケ浦市のYN様邸は金物検査を受けました。

2021年4月18日

千葉県袖ケ浦市のぞみ野で建築中のYN様邸では、中間の金物検査を受けました。

金物検査とは、設計通りに筋交いや建築金物が取り付けられているか、位置や締め付けが十分かなどを確認していくものです。

こういう金物です。

検査員の厳しいチェックを受け、無事に適合をいただきました。
大工さんもドキドキしながら作業を進めてくれていました。

因みに、写真に写っている黒い床は、1階の床下の断熱材で、自然素材の炭化コルクを使用しています。
根太の間に隙間なく炭化コルクを敷き詰めていきます。
炭化コルクは、断熱材としての性能はもちろん、「炭」なので湿気を取ったり、防虫効果が期待できたりとうれしい素材です。

自然素材で建てるきりんホームは、床下の見えない部分も自然素材を使用します。

■千葉で建てる自然素材の家 きりんホーム
https://www.kirinhome.co.jp/


カテゴリー: 袖ケ浦市 YN様邸  タグ:, , , , , , , , , ,

千葉県袖ケ浦市のSZ様邸は下塗りのモルタル漆喰の施工中です。

2021年4月18日

千葉県袖ケ浦市のぞみ野で建築中のSZ様邸は、外壁の工事も進んできました。

自然素材で建てるきりんホームの建物は、外部を漆喰で仕上げるのが特徴です。
外部は二回塗りですが、下塗りは漆喰にモルタルを混ぜて練りこんだモルタル漆喰を使用します。

ちょっと灰色でざらざらした感じがわかりますか?

モルタルを練りこむことで、割れにくくしていきます。
下地が乾いたら、仕上げの漆喰を塗り上げていきます。

黒色(炭化コルク)→灰色(モルタル漆喰)→白(仕上げ漆喰)
と色が変わっていくもの、無添加住宅「きりんホーム」の特徴です。

■千葉で建てる自然素材の家 きりんホーム
https://www.kirinhome.co.jp/


カテゴリー: 袖ヶ浦市 SZ様邸  タグ:, , , , , , , , ,
カテゴリー
アーカイブ
2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31