千葉県袖ケ浦市のYN様邸は金物検査を受けました。

2021年4月18日

千葉県袖ケ浦市のぞみ野で建築中のYN様邸では、中間の金物検査を受けました。

金物検査とは、設計通りに筋交いや建築金物が取り付けられているか、位置や締め付けが十分かなどを確認していくものです。

こういう金物です。

検査員の厳しいチェックを受け、無事に適合をいただきました。
大工さんもドキドキしながら作業を進めてくれていました。

因みに、写真に写っている黒い床は、1階の床下の断熱材で、自然素材の炭化コルクを使用しています。
根太の間に隙間なく炭化コルクを敷き詰めていきます。
炭化コルクは、断熱材としての性能はもちろん、「炭」なので湿気を取ったり、防虫効果が期待できたりとうれしい素材です。

自然素材で建てるきりんホームは、床下の見えない部分も自然素材を使用します。

■千葉で建てる自然素材の家 きりんホーム
https://www.kirinhome.co.jp/


カテゴリー: 袖ケ浦市 YN様邸  タグ:, , , , , , , , , ,

千葉県袖ヶ浦市のSZ様邸はフロア材の施工中です。

2021年4月12日

千葉県袖ヶ浦市のぞみ野で施工中のSZ様邸は、外壁の断熱材施工が完了し、内部のフロア材の施工に入りました。

きりんホームの床材は、パインの無垢材が標準仕様です。

柔らかくて温かみのある材質ですが、凹みやすいため、傷がつかない様に貼った後は直ぐに養生していきます。

柱や間柱が入る部分はそのまま貼れないので、棟梁が注意しながら丁寧に切り欠きを加工していきます。

■千葉で建てる自然素材の家 きりんホーム
https://www.kirinhome.co.jp/


カテゴリー: 袖ヶ浦市 SZ様邸  タグ:, ,
カテゴリー
アーカイブ
2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31