【暗くて心配…が一転!?その訳とは】 千葉県木更津市の家づくり 無添加住宅×風水設計の家 きりんホーム

2023年11月22日

木更津市江川でスタートした無添加住宅×風水設計の家づくりは

 

屋根裏の断熱材
炭化コルクを施工しています。

 

黒くて暗い(;’∀’)

少しそう思いませんか?

建築現場を見に来られたお施主様も最初はそう思われるそうです!

 

 

そしてそして

炭化コルク!?」聞きなれない方がほとんどかと思います。

その名の通り「炭化したコルク」なのですが

 

炭化コルクは、コルク樫の表皮を高温で加熱することで自身のヤニで固まり

「天然100%の断熱材」として生まれ変わっています。

化学接着剤を一切使用せず作られるため健康な家づくりには欠かせない断熱材。

 

炭化コルクは「断熱・防音調湿・耐腐食性・防虫性」などの優れた性能も持ち合わせているため

人にとって良い環境、良き空間を作り出してくれます。

 

 

こちらはリビング

天井高く開放感を感じるリビングはいかがでしょうか!

 

まだ施工途中で分かりにくいかと思いますが

空が見えている壁にはたくさんの窓がはめこまれ

一日中明るいリビングで快適に過ごしていただくことができます。

 

今は黒い炭化コルクも漆喰が塗られることによって

漆喰の白い結晶が光を乱反射し漆喰独自の白い輝きを放ちます!

その変化は現地をご覧になられたお施主様が最初は暗い?!と心配されるのですが

皆さま、漆喰を塗られると必ず「こんなに明るくなるんですね!」と驚かれます!

 

恐るべし漆喰

恐るべし自然のなせる業!

 明日で、屋根裏の断熱完了です。

 

明るさを体験に「もくもく村」へぜひお越しください!

 

千葉県君津市山滝野1309-3

0120-512-515

 

 

施工事例はこちら↓ ↓ ↓

https://www.kirinhome.co.jp/case/

もくもく村ホームページはこちら ↓ ↓ ↓

https://www.mokumoku-mura.com

きりんホームの最新イベント情報はこちら ↓ ↓ ↓

https://www.kirinhome.co.jp/public_wp/

モデルハウスを見る ↓ ↓ ↓

https://www.kirinhome.co.jp/modelhouse/

 

#もくもく村

#木の家

#注文住宅

#無添加住宅

#風水の家

#きりんホーム

#風水住宅

#漆喰の家

#無垢の家

#あかるい家


カテゴリー: 木更津市江川 TN様邸  タグ:, , ,

断熱材に炭化コルク!?メリット、デメリット 千葉県木更津市30代

2022年1月22日

断熱材にこの黒い素材!?

きりんホームがご推奨する断熱材は炭化コルクです。

炭化コルクは色んな性能を持ち合わせた魅力的な断熱材の一種です。

断熱材にこだわることで、1年を通して住み心地の良い家を実現することが出来ます。

この炭化コルクはなんとスペースシャトルで使われているほどの

耐久性、断熱性能なんです。

炭化コルク貼り

 

断熱性能に優れている

断熱材は外気温を室内に伝わりにくくする必要があるので、

熱伝導率が小さい気体の断熱性能を利用すべく、

空気がたくさん含まれていることが望ましいです。

炭化コルクの場合、1立方センチメートルあたり

4000万個の空気を内包した微細な細胞から構成されているので、

断熱性能に優れているのです。

ちなみに、炭化させる前のコルクは、

スペースシャトルのエンジンノズルの断熱材としても使用されていました。

 

調湿性能が高い

自然素材の炭化コルクは優れた吸湿性があります。

炭化することでコルクの気泡部分が開き、

空気中の水分を吸収したり、

吐き出したりする性質を持つようになります。

また昨今、住宅の「壁体内結露」が問題視されていますが、

炭化コルクは内部結露の発生を抑えるための一翼を担う建材なのです。

 

防虫効果がある

コルク樫の木には、天然の防虫成分であるスベリンが含まれています。

そのため、喘息やアトピーなどの原因になるダニを寄せ付けない効果があります。

 

人間にも環境にも優しい

コルクは自分で出す樹脂成分によって自然に固まります。

化学糊を使う必要がないので、人間に優しく、

さらに役目を終えた炭化コルクは自然に返すことができるので、

環境にも優しい断熱材になります。

 

吸音性がある

防音材としても使用されることがある炭化コルクは

音を吸収する性質を持っています。

断熱貼り

 

 

炭化コルクのデメリット

数多くのメリットがある炭化コルクですが、

他の断熱材に比べると価格が高くなってしまうのが、デメリットと言えます。

 

きりんホームがが炭化コルクを取り入れる理由

性能面はもちろんですが、炭化コルクの魅力は何といっても

天然コルク100%でできていること。

さらに非常にエコロジーな素材であることです。

無添加住宅では「身体に良くないものを使わない」

ということは大前提ですが、商品にならないバージンコルクや、

ワイン栓に使うコルクの残りを廃棄利用するなど地球にも

優しいという点にもこだわって建材を選んでいます。

現在の日本の住宅に多く使用されている

グラスウールやウレタンフォームなどと比べると

価格が高い傾向にありますが、

それ以上に炭化コルクは住む人へのメリットが多い断熱材なのです。

 

快適性は見えないところからが大切ですね!

 


カテゴリー: 木更津市大久保 EG様邸  タグ:, , , , , , , , , ,
カテゴリー
アーカイブ
2024年7月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031