千葉県 茂原市 MR様邸 炭化コルク完了

2017年5月11日

B外壁用漆喰の下地と断熱材を兼ねる炭化コルクを貼り終わりました!

これから左官屋さんが漆喰を施工します。

{ "product_id": "0901", "uuid": "0DD39BF3D350A0AE7772514F7865FBDD", "run_date": "2017-04-29T102413+0900", "filename": "Bebop_Drone_2017-04-29T102532+0900_0DD39B.jpg", "media_date": "2017-04-29T102532+0900" }

上空からみると屋根の色が印象的ですね!


カテゴリー: 茂原市 MR様邸  

【断熱材の話】千葉県茂原市 MR様邸 炭化コルク施工中

2017年4月13日

千葉県茂原市のMR様邸

床下の断熱に炭化コルクを施工しています。

B2

断熱材に求められる事・・・・

断熱性能はもちろんのこと

①その性能を いつまで維持できるのか、

②どんな状況でも 断熱能力が維持できるか

③住み心地が快適か

であると思います。

 

①に関しては劣化しない本物の材料が適切です・・・・石油由来の物は製作時が性能のピークです。

②に関しては万が一、水に塗れてしまっても性能が落ちない耐水性の物が適切です・・・・綿系や新聞紙系の断熱材は塗れると性能が一気に落ちます。

③に関しては、湿気、湿度は通過して、熱は閉じ込める物が良適切です・・・・人が通気が悪い服を着ると不快になるのと同じで、気密が高すぎると家も不快になります

 

この3つのポイントを同時に満足する断熱材として

炭化コルクをチョイスしています。

 

なかなか聞かない材料だと思いますが

選択肢の一つにしてみると、家づくりが楽しくなるかも!

 

B1

 


カテゴリー: 茂原市 MR様邸  

千葉県茂原市 MR様邸 防水シート施工中

2017年4月11日

千葉県茂原市MR様邸

外壁下地の杉板が出来上がったら

次は防水シートの施工です。

漆喰などの塗り壁の場合、防水シートは湿式用にアスファルトフェルトを使用します。

このアスファルトフェルト・・・重くて硬いんです!

一般に流通している透湿防水シート(タイベックなど)は軽い、柔らかいので

施工性は素晴らしいのですが・・・乾式専門のため漆喰の場合は使えません(泣)

棟梁達が苦労しながら貼ってくれています。

『大変だよ~っ』と言いながらも笑顔で頑張っている姿に癒されてしまう今日この頃でしたっ

B2B3

Bebop_Drone_2017-04-10T144040+0900_D0A581


カテゴリー: 茂原市 MR様邸  
カテゴリー
2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
タグ