太宰府天満宮に子供といって

2018.2.16/金

ピョンチャンピックに沸く中

福岡の大宰府天満宮に行ってまいりました^^

1

太宰府天満宮の祭神である菅原道真公は、類まれなる才能の持ち主で

人々から厚い信頼を得ていた当代一流の学者でもあり、優れた政治家でした。

その生涯は国家と天皇家のために命をかけ栄達を極めた一方で、57歳の時、

時の左大臣藤原時平の讒言により大宰権帥に左遷となります。

大宰府下向の跡は配所であった榎寺から一歩も出ることなく、

約2年後、無実の罪が晴れることなく59歳で逝去しました。
後に時平の讒言を知った朝廷は、菅公の名誉挽回に努め、

正一位太政大臣を追贈。菅公は天満大自在天神として、

人々の尊崇を集めるようになっていったそうです。

DSC_2091

重層の入母屋造り、檜皮葺の二重門。

全体は朱塗りされ、堂々たる風格にあふれた佇まいが見事です。

慶長年間(1596~1615年)に石田三成が再興しましたが

明治時代に焼失、1914年に再建されました。

 

2

福岡は春一番が吹く中

とても気持ちの良い時間が流れていました。

3

漢字の「心」の字を象った池に掛かる御神橋三橋は、

手前から過去・現在・未来を表し、三世一念の仏教思想を残した物と伝わります。

この橋を渡ると心身ともに清められるとも謂われています。

 

古くからの建物に思いをはせ

日本建築はすばらしきかなと家づくりの原点を垣間見たのでした。

 


カテゴリー: プライベート  
アーカイブ
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
スタッフブログ更新中♪

千葉県で無添加住宅を建てるきりんホームのスタッフブログ きりんホームが教える優しい無添加住宅づくり

一覧を見る
  • きりんホームの施工現場から
  • チームきりん スタッフブログ
電話でのお問い合わせ 0120-512-515
ご相談・お問い合わせ