3年間で2回目の注文住宅を・・・その訳は 

2018.8.6/月

IMG_9350

千葉市にて上棟を迎えられたS様の家づくりは

まさに「 命運の家づくり 」と言ってもよいのではないでしょうか。

 

S様は、この3年の間で上棟を2回ご経験されました。

この短い期間になぜ!?

何が起こったのか・・・

なぜそうしなければならなかったのか

S様はけして2回家を建てたかった訳ではありません。

そうしなけばならなかったのです。

その道しかなかったのです。

 

でもこの道を選べたことはなんと運の良い方なのだろうと

私は思っています。

そのようにしたくてもある意味そんなバカげたことをすることは

熱い思いがなければできないことでしょう。

そう、熱い思いを持った方とのご縁がなければなかなかできないことです。

 

 

 

私がS様と出会ったのは、4年前でした。

「 建てる場所によって環境によって住まう方に影響を与えるんですよ。

ですから家を建てて良い場所と悪い場所があるのでよく勉強してから決めてくださいね。」と

何度かお誘いしお話したことをもちろん覚えています。

 

でもその時は耳を傾けてくれることはなく

もくもく村へ足を運んでくださることもありませんでした。

他で建てられたんだなぁ・・・と心の奥でS様を想っていました。

 

そして突然の2年後、奥様は助けを求めるかのように

もくもく村へお電話をくださったのです。

そこからS様との長い時間が再開されました。

 

私たちはS様に何が起こっているのかとことんお話をお聞きしました。

長いながい時間でした。

スターバックスで5時間以上を何度も・・・

私たちは何をしているんだろう・・・と少し思いました。

 

何かとは、お時間をかけてどんなお話をしているのかそれは

「 良い環境のアパートに住みましょう!」と時間をかけて説得しているのですから

私たちはアパートの仲介で利益を得ているわけではありません新築を建築するホームメーカーです。

客観的に何をしているんだろうと思いました。

もちろんその意味があるからこそお話をしていましたので情熱的にお話をしました。

 

 

 

エネルギーで満たされる「 癒しろ地 」もあえば

エネルギーを奪う「 けがれ地 」 がある。

 

 

S様の状況はまず少しでも早くエネルギーの高い場所でご家族が元気になっていただき

その後、しっかりと家づくりに向き合ってほしかったのです。

その明るい未来への道筋があることを確信していましたので情熱をもってお話をさせていただきました。

 

S様が私たちが統計学に基づきおすすめしたアパートに移られた結果

体調はみるみる回復し奥様はお勤めにもいかれるようになりました。

性格も明るくなられ友人関係、家族関係も劇的に変化なさっていったのです。

 

この度は、統計学に基づき土地をご紹介させて頂いた結果

素晴らしいお土地に出会われましたのでさらにS様に良きことがおこり

当初は、そんなお話を毛嫌いされていたご主人様までもがお仕事の好調ぶりに

驚きを隠せないご様子です。

 

 

 

上棟後のご挨拶では棟梁と心を一致団結したご主人様の

生き生きした喜びの表情を感じました。

 

 

 

上棟の喜びバンザイ!

喜びがほとばしります!

 

 

 

奥様は今、強くおっしゃいます。

「 家はパートナー選びと同じくらい大事であることを一回目の家づくりで身をもって学び経験しました。

他はいくら節約してもいい!でも子供と家だけは妥協してはいけない。

これが私たちが経験した夫婦の結論です。

 

家が「住まう」こと以上に色々な影響を家族に、家族の幸せにこんなにも影響を与えるなんて思ってもいませんでした。

だから学区が大事、お金が大事、ただ構造が強ければ、便利が良ければよかったし日常が営めればそれで良かった。

そして一番大切なことを見落としていまいた。

 

私の場合、住宅展示場をまわれば回るほど何かずれていく感覚がありました。

早くしないと土地がなくなってしまう!入学に間に合わない!

出遅れてしまう!などと強迫観念に襲われそんな気持ちで契約をしていったんです。

 

今思えば、自分の直感や第一印象の良し悪しの感覚があったのに

展示場をまわれば回るほど邪心が邪魔をしていったように思います。

 

それとは逆にもくもく村の展示場では癒されたんです。

色々とお話を聞き、自分がこれからどちらの方向進んだらよいかをじっくりと

お話してくださいました。そして解きほぐされていきました。

 

次は失敗するわけにはいかない!

もくもく村の方を信じて、ご主人様の協力があって今、進んでいます。

 

私と同じことにならないためにも言いたいことは

「 他は節約しても子供と家は妥協しない方が良い!特に奥様が笑っていられたら家はまわる。

家は思ってる以上に大切です。」と

 

 

 

上棟をお迎えになられてこれからが本番

そしてお住まいになられればもちろんのこと!

S様の劇的ハッピーストーリーはこんなものではないことを

断言いたします!

 


カテゴリー: お客様の家づくり, むてんか村, オーナー様, 無添加住宅  
アーカイブ
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
スタッフブログ更新中♪

千葉県で無添加住宅を建てるきりんホームのスタッフブログ きりんホームが教える優しい無添加住宅づくり

一覧を見る
  • きりんホームの施工現場から
  • チームきりん スタッフブログ
電話でのお問い合わせ 0120-512-515
ご相談・お問い合わせ